Grazie a te

Maybeのたぶんそうかもしれない

大阪在住のフリーター(22)、ただいまデザイナーになるべく勉強中。身近な話題から社会問題まで思いを綴ろうと思う。

就活なんてないさ、就活なんてうそさ~

こんにちは、結構雨の日が好きなMaybeです。

梅雨明けはまだですが、本格的に夏ですね。暑いです。

私の天敵でもあるセミが鳴き始めてきたので、そろそろセミ対策を考えないといけないなと…

死ぬ振りするセミとか人間目がけて特攻してくるセミとか、ほんと本気で土下座するんで勘弁頂きたい。

 

f:id:lavita_di_may:20160711180451j:plain

さてさて、前回から少し空いてしまいましたが、就活をしていた訳ではありません。

むしろ水を得た魚のように生き生きと過ごしていました。

色々と考える時間ができたので、そのことについてササッと書きたいと思います。

 

早くも7月。徐々に内定を勝ち取った方が目立つようになってきましたね。

でも、まだNNT(ない内定)の就活生の方が多いと思います。

私の周りでは、さすがにこの暑さと就活のあほらしさにぐったりしている子が多く、就活生はお疲れ気味なようです。

大概の子はエントリーしていた企業から落ち、1からやり直して合説やセミナーに参加しないといけないとため息ついていました。

そりゃ疲れますよ。就活が始まったのは3月1日からですが、正直言って多くの子はそれよりも前から動いていたのに、全落ちなんて辛すぎます。

それに、選考の度に『本社が東京だから行かなきゃ』とか『明日は大阪、明後日は愛知で選考が…』と企業に振り回されて夜行バスに乗りまくってる友人を見ると、なんだか私は泣きそうになります。

やっぱり、これって学生がすることなのかなって…

私のゼミでは選考が被り過ぎて1か月ほど姿を見ていない子もいますし、普通の生活が崩壊するほど追い詰められているんだろうと感じますね。

なんとかそんな友人たちを励まそう声をかけていますが、やっぱり気休め程度にしかならないよなと少し悩んでいます。

 

こう鬱陶しい就活話ばかりもなんなんですが、就活の実態を知ってしまった人間には見逃せないことが多いのです。

しかし、締めくらいはパアァッとスカァッと終わりたい(笑)

ので!!私の空白期間の話をして自己満足で締めます(唐突)

私は上にも書いた通り、生き生きと過ごしていました。

まぁ特にこの先の進路が決まったわけではないですし、のんびりしている場合じゃないんですが(笑)

就活をスパっとやめてから、毎日予定がなくなったので、やりたいことが溢れるように出てきました☆

もちろん、やりたいことは「キリマンジャロに登る」とか「ベネディクト・カンバーバッチに会いに行く」とかそんな現実味のないことではありません。

ちっっっっさいことばかりでしたが、とにかく実行してみました。

 例えば、「落書きを上達させる」や「筋トレを続ける」といったとてもとてもしょうもないことです。

本当にくだらないことに思えるかもしれませんが、就活をやっていた時は鬱すぎて何もやりたくなかったですし何も考えたくなかったので、小さなことでも楽しいんです。

たぶん、それを忘れていました。楽しむことを。

まだまだやりたいことはありますし、それをちまちま消去しながら自分と向き合っていこうかな(*‘∀‘)はははは~

 

 

 

広告を非表示にする