Grazie a te

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grazie a te

大阪在住のフリーター(22)、ただいまデザイナーになるべく勉強中。身近な話題から社会問題まで思いを綴ろうと思う。

【セクシャリティ論】自分のセクシャリティって何だろう-Part2

 前回のPart1では、多種多様なセクシャリティがあることを紹介しました。

自分のセクシャリティを考える上で、少しでも参考になったでしょうか?

今回はそのことを踏まえて、セクシャルマイノリティの現状をみていきたいと思います。

f:id:lavita_di_may:20170518161125j:plain

セクシャルマイノリティの現状

セクシャルマイノリティは、これまでの社会において酷い扱いをされてきました。時には、宗教や思想を武器にして虐待や虐殺が行われ、彼らの存在は闇へと葬られていました。

セクシャルマイノリティが、社会の一員として受け入れられるようになってきたのはごく最近のことでしょう。

アメリカで行われるようになったプライド・パレードは、その発端ともいえるでしょう。彼らのデモがあったことで、アメリカ各地や世界中に広まっていき、現在その規模はさらに拡大しています。また、法律や制度も見直されるようになり、異性カップルと同等の権利が保障されるといった例も増えてきています。(残念ながら、日本ではまだまだ成立しそうにないですね...)

 こうして理解されつつある一方、セクシャルマイノリティに対する差別がまだ残っているのも事実です。

しかも、セクシャルマイノリティ間の差別やいじめもあります。

ゲイやレズだからといってみんながみんな同じ考えを持って生きているわけではないので衝突が起きるとは思いますが、社会に虐げられ、セクシャルマイノリティ内で虐げられ、彼らは一体どこに身を置けばいいのか...。

とても悲しい話です。こんな差別なくなって欲しいと願うばかりですが、難しい問題だということもわかります。ましてや、セクシャルマイノリティ間においては社会によるいじめより難しい問題でしょう。

しかし、私たちが意識することでセクシャルマイノリティへの差別やいじめを防げることがあります。

 私たちが一番身近なことで、セクシャルマイノリティの方を傷つけてしまう行為って何だと思いますか? 

カミングアウトとアウティング

自分のセクシャリティを世間に公表する方が増えてきました。よく耳にする「カミングアウト」ですね。

カミングアウト増加の背景には、セクシャリティをカミングアウトすることに抵抗を感じなくなり、以前よりもセクシャルマイノリティへの理解・関心が高まっているということが関係しているのではないでしょうか。

おそらく、今まで隠さざるを得なかった方々が隠さなくてもいい社会に変わっていったことでカミングアウトしやすくなったんだと思います。

しかし、そういった理解が進む中で、セクシャリティを隠したいという方々がいるのをご存知ですか?

セクシャリティを明らかにして社会に訴えようと立ち上がる人々がいることは素晴らしいことです。

ただ、全てのセクシャルマイノリティが公表したいわけではありません。

中には、隠したまま生活したい人もいるのです。

その方が隠したいのにもかかわらず、周りの人に勝手に他人のセクシャリティをバラすのはタブーです。

それは「アウティング」と呼ばれる行為に当たります。

知らず知らずのうちにアウティングしていませんか?

傷つけるつもりはなく無意識にバラしてしまったということもあるかもしれません。

私自身、友人のセクシャリティを親に言ってしまいそうになった経験があります。その時は「アウティング」のことを知らず、ただ友人のプライベートなことだからと思いとどまったから良かったのですが、本当にあと一歩でアウティングしてしまうところでした。

他人のセクシャリティを知っているからと言って、許可なく別の他人に言ってはいけません。

その方が周りにセクシャリティを公表していたとしても、勝手にベラベラと話すのはやめましょう。

 カミングアウトとアウティングは全く別のものです。

カミングアウトは自らの意志で公表すること、アウティングは許可なく公表することです。

【余談】生理に悩むのは女性だけじゃない

最近私は、生理は女性だけに起こるものではないと知りました。

それまでは、当たり前のように子宮や卵巣を持つのは女性だけと思っていましたが、ある記事を読んで男性にも生理があることに気づかされたのです。

heapsmag.com

この記事は、THINX(シンクス)というアメリカのメーカーが開発した生理用パンツを紹介しているのですが、その中でトランスジェンダーFtMの方が、生理に悩んでいたという話をされています。男性として生きていたとしても子宮摘出をしていない、あるいはすることが難しい方は当然生理があります。しかし、そのことは知られていないし、男性が生理を語る場というのはないですよね。

よく考えてみれば、インターセックスの方も当てはまりますよね。男性の見た目で生まれてきたけど子宮や卵巣があれば生理があるはずです。インターセックスの方は人によって子宮があっても女性器がなかったり、女性器があっても膣は開いていなかったりと様々ですが、トランスジェンダーの方々と同様、生理に悩んでいる方はいらっしゃるでしょう。

「男性にも生理はある」と言い切ってしまうと、女性でも男性ではないのに生理がある方が含まれないことになってしまいますから、私はあえて「女性以外にも生理はある」と言っておきます。

少々記事のテーマから話が逸れてしまったかもしれませんが、セクシャルマイノリティとして生きている方の現状の一例として、どうしても紹介しておきたかったので書かせていただきました

セクシャルマイノリティの生き方を知って、自分のセクシャリティを考える

セクシャルマイノリティの現状について少しでも把握していただけたでしょうか。おそらく、私が語れるのはごくごく一部の狭い範囲のことです。

セクシャルマイノリティの現状をもっと知るには、これからの経験や関心でしかまかなえないと思っています。

もっともっと理解するため、これからもあらゆる方の価値観や生き方を知っていきたいですね。きっと私が知らないことがたくさんあるでしょうから。そして、自分のセクシャリティを考える機会を与えれば、また違った目線でセクシャルマイノリティについて考えることができるようになるかもしれませんね。

f:id:lavita_di_may:20170518161305j:plain

Part1・Part2とお送りしてきましたが、 次回のPart3で最終章となります。

最終章Part3では、最大のテーマである「自分のセクシャリティ」について考えようと思います。

 

【セクシャリティ論】自分のセクシャリティって何だろう-Part1

f:id:lavita_di_may:20170414185008j:plain

突然ですが、自分のセクシャリティについて考えたことありますか?

もしかしたら、自分のセクシャリティが既にわかっている方がいらっしゃるかもしれませんね。それは大変素晴らしいことです。

ただ、中には自分のセクシャリティがよくわかっていない方もいるのではないでしょうか。

私もその一人です。自分のセクシャリティが何かよくわかりません。

私自身、特にわからないからといって悩んでいるわけではないのですが、幸運にも私の育った環境にはLGBTの友人が複数いました。ですから、自然とセクシャリティについて考えることが多く、彼らのセクシャリティについて学ぶ機会に恵まれていました。

 

今回は私自身がもっとセクシャルマイノリティを理解できるよう、セクシャリティについて考えてみようと思います。

この記事は、少しでも自分のセクシャリティについて悩んでいる方々の力になればと思います。

 

 

そもそもセクシャリティって?

セクシャリティとは、「性の在り方」を示す言葉。代表的なセクシャリティに、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどがあるが、あくまで一部を切り取って表現したものでしかない。よく「セクシャリティはグラデーション」と言われるが、まさにその通りで、一口に「ゲイ」といっても、グラデーションのように「ゲイ」の中にも無限の「性の在り方」がある。また、LGBT以外の異性愛者の人にも、それぞれセクシャリティがあり、その在り方も実に多様なものである。

アメリカ心理学会の公式見解において人間にはセクシュアリティを構成する四つの要素があるとされ、①生物学的性、②ジェンダーアイデンティティ(性的自己同一性、性自認)、③社会的性役割、④性的指向の4つであると述べられている。

セクシャリティ(せくしゃりてぃ)とは[LGBT用語集] | Flag(フラッグ)

 つまり、セクシャリティ(あるいはセクシュアリティ)とは、自分の性的指向を表すもので、自己を表現するアイデンティティといっても過言ではないでしょう。

例えば、自分は異性しか愛さないというのなら、セクシャリティは「ストレート/ヘテロセクシャル異性愛者)」ということになります。逆に、同性しか愛さないというのなら、セクシャリティは「ゲイ/レズビアン」ということになります。

この「ヘテロセクシャル」や「ゲイ」「レズビアン」といった言葉はよく聞いたことがあるかと思います。さらに、ゲイやレズビアンの方はセクシャルマイノリティ性的少数者)と呼ばれ、最近ではLGBTといいます。

では、このLGBTについて詳しくみていこうと思います。

LGBTとは

LGBTは「L」=レズビアン(lesbian)、「G」=ゲイ(gay)、「B」=バイセクシャル(bisexual)、「T」=トランスジェンダー(transgender)を意味します。

トランスジェンダーは他の3タイプ(LGB)とは少々異なります。 トランスジェンダーの人は、異性愛者である人がいれば、同性愛者の人も両性愛者の人も無性愛者の人もいる、とのことです。もし自分が生まれてきたときに女性という性を授かったとしても、社会的に男性として生きたいだけで、恋愛対象は様々なのです。そして、トランスジェンダーの人は、性転換を望む人もいれば、望まない人もいます。ですから、一概に女装や男装をしているからといって、その人が性転換をして自分の性を変える必要があると思っていない場合があるということです。トランスジェンダーを大まかにカテゴライズすると、FtM(女性として生まれたが男性として生きたい人)、MtF(男性として生まれたが女性として生きたい人)、そして、性転換を望む人をトランスセクシャル(Trans Sexual)に分けることができます。

 

さて、LGBTの説明をしましたが、自分のセクシャリティが少し見えてきましたか?

LGBTを理解することで、ようやく自分のセクシャリティが何かを探すスタートに立ったと言えるでしょう。

というのも...…実は、LGBTセクシャルマイノリティの代表的な例であって、セクシャリティLGBT以外にもたくさんあるのです。

最近ではLGBTに含まれていないセクシャリティがどんどん増え、多様化しています。

さきほど、トランスジェンダーの話の中でトランスジェンダーにも様々な人がいるという話をしましたが、それがいい例です。トランスジェンダーというセクシャリティからさらに掘り下げて様々なセクシャリティが存在しているのです。

ここからは、そういった多種多様なセクシャリティについてみていきたいと思います。

LGBT以外のセクシャリティをみてみよう

・クエスチョニング(Questioning)

 自分のセクシャリティがわからない、定まっていない、自分のセクシャリティを探している途中の状態の人のこと。LGBTに加えられ、LGBTQといわれることもある。

・Xジェンダー(Xgender)

男性でも女性でもないと感じる人のこと。「第三の性」や「ジェンダーフリー」と呼ばれることもある。自分の性別がわからなくてもいいという考えで、どちらかをはっきりさせるつもりはない。世界的には浸透しておらず、日本において使用される場合が多い。

・インタージェンダー(Intergender)

男性と女性の間の性であると自認している人のこと。中性であるという考え。

・バイジェンダー(Bigender)

男性と女性、どちらの性もあるという人のこと。両性であるという考え。

アジェンダー/エイジェンダー(Agender)

男性と女性のどちらにもなるつもりはない人のこと。無性であるという考え。

・ニュートロイス(Neutrois)

性別がないと自認しており、身体的にも無性でありたいという考え。 

ジェンダー・フルイド(Gender Fluid)

社会的な性別(ジェンダー)が流動的である人のこと。

・セクシャル・フルイディティ/フルイド(Sexual Fluidity/Fluid)

恋愛感情を抱く相手の性別が流動的で定まらないでいること。

アセクシャル/エイセクシャル(Asexual)

相手に恋愛感情や性的欲求を抱かない人のこと。無性愛者のこと。

ノンセクシャル(Nonsexual)

相手に対して恋愛感情は抱くが、性的欲求は抱かない人のこと。恋愛関係になってもプラトニックな関係を望むため、性交渉は行わない。ノンセクシャル異性愛者、同性愛者などのセクシャリティを持つ人もいる。

パンセクシャル(Pansexual)

性別に捉われず恋愛感情や性的欲求を抱く人のこと。全性愛者のこと。バイセクシャルと混同されやすいが、バイセクシャルは「男性」と「女性」を恋愛対象とし、パンセクシャルは「男性」「女性」「同性愛者」「トランスジェンダー」など性別やセクシャリティ関係なく恋愛感情を抱く。 

インターセックス(Intersex)

生物学上いずれの性にも属さない状態、遺伝子上の性別と身体的な性特徴が別の状態の人のこと。例えば、遺伝子上は男性の染色体なのにもかかわらず、乳房や女性器がある人のことをいう。

・ストレート/ヘテロセクシャル(Straight/Heterosexual)

恋愛感情や性的欲求を異性に抱く人のこと。異性愛者のこと。

ヘテロフレキシブル(Heteroflexible)

異性愛者であると自覚しているが、同性に惹かれることや、同性に恋愛感情や性的関係を持つこともあり、同性愛に抵抗はないという考えをいう。

 

様々なセクシャリティを紹介しましたが、紹介しきれないほどのセクシャリティがまだまだあります。ここで当てはまるものがないからといって悩まないでください。紹介したもの以外で他のセクシャリティに興味を持った方はいろいろ検索してみてください。その数の多さにびっくりします。

 

 

f:id:lavita_di_may:20170421174107j:plain

今ではLGBTに限らず多種多様なセクシャリティが存在し、その種類や定義は常に変化していると言えます。

ここが、セクシャリティの大きな特徴だと思います。つまり、セクシャリティは一人一人違うという事です。同じバイセクシャルであっても、人によって少しずつ違うため、必ずしもバイセクシャルの特徴と完全に合致していなくても構いません。もし、自分のセクシャリティと見合うものがなくても無理にその枠に入る必要はないと思います。それが自分のアイデンティティなのです。

 冒頭で、「自分のセクシャリティが既にわかっている方がいらっしゃるかもしれませんね。それは大変素晴らしいことです」と言いましたが、それは自らのセクシャリティがどのカテゴリーにも当てはまらない人がいる中で、明確になっているのは凄いことだと思ったからです。

 私も自分のセクシャリティがわからない身。今回調べたことでなにか見えてきたような気がします。今後、そのことについても書くつもりです。

 

さぁ、今回はLGBTやその他のセクシャリティについて学びました。

セクシャルマイノリティへの理解が進んでいるのは確かですが、まだまだ足りないと感じます。偏見もあるでしょう。セクシャルマジョリティであれマイノリティであれ、私たちはもっと多くのことを理解する必要があるように思います。より良い社会を作っていけるよう、次回Part2では、セクシャルマイノリティの現状と私の考えについて書くつもりです。

大学卒業したら、フリーターですってよ...

f:id:lavita_di_may:20170414173938p:plain

お久しぶりです。本当にお久しぶりです。

生きておりました。辛うじて(笑)

この度、私は大学生活を終え、晴れてフリーターの身になりました。

自由って素晴らしいですね(;´・ω・)

生活に腐るほど余裕があって、このまま腐ってしまいそうです。

とはいえ、経済的には厳しいですけどね...

 

さて、秋からだいぶ間が空きましたが、私は新卒応援ハローワークで相談を受けたり、エントリーしたりとしていました。

相談員の方からほぼ無理やりエントリーさせられたりしましたが、書類選考で受かっても私自身にやる気がなかったので辞退しちゃいました。

そんな中途半端なことをしている間に、刻々と大学卒業の日が近づき、いつの間にか卒業してしまいました。

友人たちと卒業祝いで食事に行きましたが、なるべく就活の話は避けてくれました。

卒業後の進路が決まっていないのは私以外にもいたので、みんな空気を読んでくれたのでしょう...ありがとう、気を使ってくれて(汗)

 

で、卒業してフリーターなのですが、実はやっとやりたいことに出会えました。

前からデザイナーの仕事がやりたかったのですが、美大に通っているわけでもそういった技術があるわけでもなく、その道を諦めていたのですが...

やっと決心がつきました。

就活を今までのように続けても、ただ闇雲に活動するだけで意味がないと思い、自分のしたいことをしてみます。

ということで、半年ほどスキルを身に着けるため学校に通い、そこから就活したいと思います。現在は申し込みを終え、選考に向け準備中です。

これを決めてからなんと心が軽いことか。

今まで将来が見えずずっと不安な日々を過ごしていたわけですから、やっと息が吸えたような感覚です。

もちろん、一生懸命勉強しても就職できるかはわかりませんが、やっとやりたいことに出会えその職に就きたいと思えたわけですから、今はこれで良しとします。

 

秋ですね…

 

f:id:lavita_di_may:20161112174211j:plain

お久しぶりです。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

いや、本当に久しぶりの投稿になります。

もう死んだかと思われても仕方ないですが、私はこの空いた期間「就職活動」というのをやっておりました。(「就職活動」?やらないって言ってよな…)

 

別に本腰を入れてやっていた訳ではありませんが、リハビリというか、相談に乗ってもらっていました。

具体的には、自己分析と仕事の紹介です。

リハビリのおかけで

私「就活くたばれこの野郎」

とモヤモヤしていた心の闇が回復した…と思ったのです…が…

この間、会社説明会にものすごく軽いノリで行ったんですが、アンドロイドの方が人間味あるんじゃないかと言わんばかりの就活生の雰囲気に再び嫌気がさしました。

もはや、アレルギーです。

礼儀正しいことは全くもって問題ないと思いますよ?それは人として最低限必要だと思います。

ただやはり、同じ見た目、周りに溶け込めてるかキョロキョロする人、媚び売り、こんな光景を見て絶句しました。

以前も感じていたのですが、何ヶ月か就活を休んでいたからか、前よりも増して感じました。

心が折れそうです…

結局私は、就活のシステムがネックなんですね。

この就職活動をぶち壊すような案はあるのですが、なにせ文無し職歴なしの人間じゃ説得力がないですから、これから就活する方に提供できるよう、社会経験を積まないといけませんね。

 

なんとかフリーターでお金を貯めながら仕事に役立つことを勉強して、海外でインターンから入って雇ってもらったほうが賢いのかもしれない…そう思うようになりました。

ただ、今メンタルがぽっくり逝ってるのでそのバイタリティがないかもしれない...

まぁ、とりあえず、目的を探すことからですね。